« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

高橋留美子LOVE12

皆さん、こんばんは。浦島です。happy02

毎日、寒いですけど風邪には気おつけてね。

良く良く 考えたら うる星やつらは

懐かしいアニメ・漫画なので

こちらのブログで、記事を書いていくことにしました。

境界のRINNEは、新ブログで書いていくと思います。

新・浦島の玉手箱で、書いていた記事を

少し、修正し 記事を増やしましたので

読んだ方も、是非。

尚、新ブログに書いていたのは

消去したので こちらでしか見れませんよ。

うる星やつら よりらんま2/1のほうが良いなぁって方は

掲示板にでも、らんま 記事が見たい と書いてね。

それと、左サイドの投票もお願いします。(*゚▽゚)ノ

これから、書いていく記事のヒントになりますので

クリックするだけなので簡単ですよ。ポチっと

それでは、うる星やつらの

ストーリーを知らない方の為

わたしの記憶の範囲で書いたので

間違っていたらゴメンね。

第5話(変身美男レイが来た!)

あたるの家に、来た男。

名は、錯乱坊 (チェリー)が あたるに注意するため

やってきたのだが、あたるは耳を貸さずに

チェリーを無視するのだった。

一方、しのぶは あたるの家に行く途中

空から、降ってきた 円盤らしきものを見てしまう。

その円盤らしきものから、倒れた若者を見て

驚いた しのぶ。

びっくりするぐらい美男子。

彼の名は、レイ

ラムの元恋人。

美男子だが、ものすごく食べ物にたいして卑しい

男だったのだ。

そして、興奮してしまうと牛の姿になってしまう。

そんな、彼を ラムは見限ってるのだが

レイは、諦めきれないらしい。

ラムの、ある言葉に レイはキレてしまう。

怒ったレイは、あたるに決闘を申し込むのだが・・・。

第6話(くたばれ イロ男!)

あたるたちは、牛丼屋に向かうのだが

そこに 牛の姿になっている レイがいたので

あたるは、驚いたが

めがね達に ラムの元恋人だと

あたるが告げると めがねは 牛の姿を見て

人間の姿も、たいしたことないと気にとめなかったが

レイが、変身を解くと めがねはビックリする。

ラムのことをまだ諦められずに

と言うか 牛丼を食べ過ぎて 旅費を使い込みすぎたので

帰らなくなったらしい。

ラムに地球人の言葉で プロポーズすれば

寄りを戻してくれると いったので

レイは、虎の巻を使ってプロポーズするのだが

はぐらかしたので レイは遂にキレる。

あたるたちを追いかけるのだが・・・。

5話と6話は、レイが出ます。

正直、6話は、微妙な話しですね。

レイが、絡むと基本 微妙になります・・・。

第7話(秋の空から金太郎!)

鯉のぼりの中にいた、クマと金太郎

しのぶの元へ連れていく ラム。

ラムは、金太郎のことを

しのぶの弟に勘違い。

金太郎の保母さんが、美人だったので

あたるは、金太郎に着いていくことにした。

そこで、待ってたのは 奇妙な宇宙人の子供たち。

遠足の為、地球に来ていたらしい。

しかし、遠足というよりは

社会科見学のように 

ポリバケツなどの、別に珍しくもないような

ものを紹介され、金太郎はキレた。

困っている保母さんに

あたるは、に気に入られるため

地球の幼稚園を、提案する。

そして・・・。

連続で、地味な展開のストーリですね。

始まったころの、うる星やつらは

あまり、インパクトが少ないですが

でも、浦島も好きな

ランや、弁天お雪

出ることによって ストーリーの幅が

広がってきます。

ラムちゃんが、初めて 登場した時は

良かったんですけどね。

もうすぐ、今年も終わりますが

来年も、等ブログと姉妹ブログを

宜しくお願いします。m(_ _)m

|

松本零士のSF世界2

こんにちは。浦島です。

しかし、驚きました。Σ(・ω・ノ)ノ!

まさか、宇宙戦艦ヤマトが実写化されるとは

夢にも思いませんでしたよ。

なので、うちのブログでも記事に書きますね。

映像を見る限りは、良さそうだけど・・・。

一つだけ、気になったのはメインの歌です。

いやぁ 洋楽だけは辞めてほしかったと。(・_・)エッ....?

だって、ヤマトは 日本の軍艦ですよね。

ささきいさお さんの歌が良かったなぁ。

さらば~の歌詞で始まるほうがしっくりすると思いません?

あくまで、わたしの意見なので 大丈夫な方もいると思いますが。

あとは、問題ないかな。

この、映画をキッカケにどんどんSF物をやってほしい。

浦島的には、銀河鉄道999を実写化してほしいですけど・・・。

みなさんは、映画行きますか?

わたしは、TVで見ることにしますよ。

この、記事を書いていて 何ですが・・・999が好きなんで。

でも、面白そうなので良ければ映画館に足を運んでみたらいかが?

説得力ないけど・・・。

今更かも、知れませんが波動砲ってヤバイなぁ。

あの威力は、反則でしょう。Σ( ̄ロ ̄lll)

アニメの法則として、何か始めてる時は 敵は待つのがルールだから

発射されるまで、何もされないんでしょうね。

もし、ルール無視で攻撃されたら どうなるんだろう?

エネルギーを溜めてるわけだから、暴発する可能性があるかな。

多分。

そう言えば、デスラ―総統は出るのかな?

出ないと、ダメだけど 宇宙戦艦ヤマトだし。

でも、いつも思うけど

何で実写化された時は、オリジナル通りにやらないのだろうか。

原作が、良いから人気があるんだから その感じですればいいのに・・・。

怪物くんも、初めは良かったんだけど・・・。

金田一少年の事件簿は、最高でしたよね。

タッチは、あと一歩だったかな。

古いけど、鉄腕アトム鉄人28号忍者ハットリくんの実写は笑えるよ。

一度、見てください。

それでは、また。(/ ^^)/アリガトネ

少し早いけど、メリークリスマス!!

|

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »